«
»

五輪を政権闘争に引きずり込む朝日、負けを恐れて保身に走る政治家

4度目の緊急事態宣言発令を決め、記者会見する菅義偉首相=8日午後、首相官邸

◆変わり身の早い福島

 「政治家にとって内なる敵は何か」と、高名な宗教家にお聞きしたことがある。即座に答えが返ってきた、「保身である」と。保身とは、自分の地位、名声、安穏を失うまいと身を処すること。東京五輪を無観客とする政治判断にも「保身」のにおいがする。

 福島県で行われる五輪の野球・ソフトボールは当初、観客は収容の半数となる上限7150人で実施することになった。ところが、その決定の2日後、知事は一転して無観客と決めた。変わり身の早さに驚く。北海道が前日に無観客と決めたので大急ぎで追従したのか。五輪でコロナ感染が増えれば責任が問われる。そんな保身が透けて見える。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。