ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

「ミニ警察国家」と化した香港の悲惨な現状伝えるNW日本版の特集

◆消滅した自由な香港

 これまでも「香港の出口―『香港介入』中国のリスク」( 2019年 8月27日号 )、「香港の挽歌―さらば自由な香港」(20年7月14日号)と香港の特集を書いてきたニューズウィーク日本版が、国家安全維持法(国安法)が適用されてから1年後の今年、「暗黒の香港―さらば、自由な香港」(7月13日号)を出した。

 昨年の副題と今年のが同じだが、「さらば」の後に「、」が入っているのは、自由な香港が完全になくなってしまったことを強調させる意図があったのかどうか、編集部に聞きたいところだ。

 「中国政府が香港に鉄拳支配を確立するのは不可能だ。ただし、そこを破壊するなら話は別だ――筆者は2019年にそう書いた。あれから2年、中国政府は本気で香港を破壊し、あの『抵抗都市』を服従させようとしている」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。