«
»

アマチュア探偵らが追及の「武漢研究所流出説」を詳述したNW日本版

◆論文の中に証拠発見

 新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)は、中国の武漢ウイルス研究所からウイルスが流出して引き起こされた―その状況証拠が次々と明るみに出ている。ニューズウィーク日本版6月22日号では「素人集団が暴き出した武漢ウイルス研究所の嘘」と題し、民間人らが手掛けた証拠発掘の作業をルポしている。

 集団の名称は「DRASTIC(新型コロナウイルス感染症に関する分散型の先鋭匿名調査チーム)」。メンバーの一人「シーカー(探索者)」と名乗る20代後半のインド人男性が最初に目を付けたのは、武漢研究所の研究者、石正麗が昨年2月科学誌ネイチャーに投稿した論文に記した「RaTG13」(コウモリコロナウイルス)の存在だ。「新型コロナと遺伝子レベルが似ているウイルス」で「中国南部・雲南省に生息するコウモリから以前に検出」とする説明に疑念を持ったシーカーは仲間たちと追及の輪を広げていった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。