«
»

「自己決定」の弊害を露呈させたNHK「ネタドリ!」の性教育特集

◆性倫理欠如に触れず

 昭和30年代生まれの筆者が中高生時代、「生徒は性行為をしてはいけない」と、教師が指導するようなことはなかった。その性倫理は常識として生徒たちに共有されていたので、学校で生徒の性行為が問題になるようなこともなかった。

 当然、妊娠を防ぐための避妊の知識も必要なかったし、そんな教育を受けた記憶もない。高校生くらいになると、性行動で指導される男女生徒がいたのかもしれないが、それでもって「正しい性教育をしよう」という声はどこからも出なかった。

 いきなり性の話になったのは、5日放送のNHK総合「首都圏情報 ネタドリ!」を見たからだ。この日のテーマは「いま注目の“性教育”正しい知識 どう身につける?」と銘打った性教育だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。