«
»

架空予約でワクチン接種を妨害する護憲リベラル紙はコロナ戦争の戦犯

◆「善意頼み」を逆手に

 公益性なんかあるものか。新型コロナウイルスワクチンの「自衛隊大規模接種センター」の予約システムに架空予約をして「欠陥」をあげつらった朝日と毎日のことだ。筆者の勤める病院でも高齢者のワクチン接種が始まっているが、予約に苦労している家族は「こんな人たちがいるから、なかなか予約が取れないのかなあ」と溜(た)め息をついていた。

 朝日の場合、朝日新聞出版のニュースサイト「アエラドット」が予約の始まった17日、架空の接種券番号や市区町村コードを入力しても予約できたと「欠陥」を指摘する報道を行った。毎日は18日付に「大規模接種予約、架空番号で可 防衛省『善意頼み』」との見出しで、記者が「防衛省のサイトから、架空の市区町村コードや接種券番号を入力したところ、予約作業が進めることができた」とし、65歳未満でも生年月日を入力すれば予約できると、まるで架空予約を“指南”するかのように書いている。「架空番号で可」は奨励と見誤る。不謹慎極まりない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。