«
»

中国のアフリカ大西洋岸進出の可能性を指摘、警鐘鳴らす米メディア

◆海軍力の強化に注力

 中国の中東、アフリカへの経済的、軍事的な海外進出に、国際社会からの警戒が強まる中、米アフリカ軍司令官が、中国が大西洋岸の西アフリカへの進出をもくろんでいると指摘し、波紋を呼んでいる。

 米「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」は、アフリカ軍のタウンゼント司令官が4月22日の議会での証言で、「中国が、世界中に基地のネットワークを築こうとしていることは分かっている。私が最も懸念しているのは、アフリカの大西洋岸だ」と指摘したと報じた。

 中国は巨大経済圏構想「一帯一路」の一環として、中東、アフリカへのインフラ整備などに投資しているが、それとともに軍事的進出も進めている。

 2017年には、海の交通の要衝、スエズ運河につながる紅海の入り口に位置するジブチに海外初の海軍基地を開設した。埠頭(ふとう)を整備するなど拡大しており、すでに数千人の海軍兵、海兵隊員が駐留している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。