«
»

人生の総決算の準備や終活をテーマに各誌特色の出たGW特集記事

◆「相続」の3点セット

 超高齢化社会が進行し、週刊誌も人生の終わり方、いわゆる「終活」情報を外せなくなっている。各誌とも力を入れるゴールデンウイークの合併号で、看板扱いの特集記事が出ている。

 週刊現代は「財産・介護・人間関係・葬儀・片付け『人生の総決算』を準備する」のタイトルで「(人生の)決算が黒になるか赤になるか、すべてはあなたの準備次第」とする。その準備の核は財産の扱い。「預金、不動産といった財産を、つれあいや子どもに渡してあげたい。そう思う人なら、財産を確実に受け取ってもらえるよう準備をしたい」として、「財産目録の準備」「遺言書の作成」、銀行の口座凍結を解除するため「遺産分割協議書を用意」を強調し、実務を事細かに教示している。

 現代はこれまでも繰り返し終活特集を組んでいるが、相続に関するトラブル・事件の解消・対処はこの3点で決まり、ということだろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。