ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

温暖化社説で説得力ある論調の日経、原発訴えぬ政府を叱咤する産経

◆早急な計画策定要望

 米国主催の気候変動サミット(首脳会議)で、菅義偉首相は2030年度の温室効果ガス削減目標を、現行の「13年度比26%減」から「同46%減」と大幅に引き上げる方針を表明した。

 各紙は東京を除き6紙が社説を掲載したが、特に日経は通常2本建ての枠に1本の大社説で説得力のある現実論を展開。産経も大社説で原発の積極利用を打ち出さない政府を叱咤(しった)し、また対策で日本が「世界をリードする切り札」を有することを熱く説くなど真摯(しんし)さを強く感じさせた。

 日経(25日付)は「経済と両立する温暖化ガス削減を」が見出し。同紙がそう言うのは、菅首相が表明した目標が、他紙も指摘するように、「達成への道筋は相当な困難を伴う」(日経)からである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。