ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

中国の脅威に「台湾」明記の日米首脳共同声明を評価した「サンモニ」

◆目に余る軍事的威嚇

 菅義偉首相が訪米しバイデン大統領との対面による日米首脳会談が行われた。その焦点は覇権主義的な動向が脅威となっている中国、および台湾であり、ある意味でわが国にも白黒を迫るものがある。なぜなら、中国が各国に「一つの中国」政策で白黒を迫ってきたのが台湾問題だからだ。

 18日放送のTBS「サンデーモーニング」は、「風をよむ」のコーナーで「バイデン外交 まず日本から」のタイトルで日米首脳会談に焦点を当てた。日米首脳共同声明に「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調するとともに、両岸問題の平和的解決を促す」と「台湾」が明記されたのは、1969年、佐藤栄作首相とニクソン大統領による日米首脳会談以来52年ぶり。台湾=中華民国が国連安保理常任理事国だった時代だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。