«
»

1億人維持を討論した「新報道」の移民3000万を国力とする疑問

◆始まった労働力不足

 15日朝の報道番組はサッカーのワールドカップ・ブラジル大会で日本が初戦に臨む話題に多くを割いたが、「(仏独など)移民を受け入れるとサッカーが強い」との繋ぎで「移民」に焦点を当てたフジテレビ「新報道2001」の討論は、日本の将来を考えさせるものだった。

 日本の人口は2060年に8674万人に減少すると試算され、政府は経済財政諮問会議で50年後も1億人程度を維持することを骨太の方針素案に明記した。そのために毎年20万人の移民を45年間受け入れる内閣府の試算などが討論のたたき台だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。