«
»

「処理水」海洋放出、朝日の「地元反対」との虚偽報道が風評被害もたらす

◆「ゆがんだ見方」健在

 「『被ばくによる健康被害がないことを心から望んでいる』と当たり前のことを言って、怒りを買った経験が何度もある。被害が大きいことを望んでいるかようなゆがんだ見方が、まだ健在だ」

 1カ月ほど前、福島大学名誉教授の清水修二氏が毎日新聞福島版のインタビュー記事でこんな話を披歴していた(3月10日付)。政府は福島第1原発の「処理水」を海洋放出する方針を決め、新聞に「風評被害」の文字が躍っているので思い出した。

 清水氏は「原発いらない!福島県民大集会」の呼び掛け人代表や福島県チェルノブイリ原発事故調査団長を務め、原発事故と向き合ってきたことで知られる。それだけに発言は重い。

 「放射線被ばくによる健康被害については、遺伝的影響も含めて当初心配されたような深刻な事態は避けられたというのが専門家の多数意見だ。これを、政府や東京電力にとって都合のいい主張と判断して否定するのは正しくない」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。