«
»

この30年で47倍に増えた「大学発ベンチャー」を取り上げたアエラ

◆焼酎粕から細菌培養

 政府は2021年度から5年間の科学研究や技術開発の方向性を示した基本計画を策定、「我が国の経済が持続的な発展を続けていくためには、イノベーションの連続的な創出が必要」という認識を強く押し出した。また「大学に潜在する研究成果を掘り起こし、新規性の高い製品により新市場の創出を目指す大学研究者などに期待が大きい」との言及もある。

 アエラ3月29日号に「大学発の新しいベンチャー」という記事が目に付いたので取り上げてみよう。同計画に直接関係はないが、イノベーション創出を目指し実際に事業を立ち上げた6人の学生起業家たちに会社経営の現状を聞いている。熊本市の崇城大学発ベンチャーで、光合成細菌の培養キットを開発・販売する「Ciamo(シアモ)」代表の古賀碧さん(26)は大学2年時に起業した。作物の生長を助けるため農家で使われている光合成細菌に地元名産の球磨焼酎から出る「焼酎粕」を餌として与えたところ、培養に成功。「今後は光合成細菌を水産業に応用し(中略)東南アジアのエビ養殖に展開していきたい」と、現在、大学のファンドから資金提供を受けながら、製造・販売を続けている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。