«
»

中途半端な朝日「家じまい」特集、重みあるNW日本版の特別リポート

◆庶民が参考にできず

 週刊朝日(4月9日号)が「『家じまい』で楽になろう」という特集を載せている。他誌の高齢者を対象とした「人生の片づけ」関連の類を同誌もやり出したのだ。だが、そこは二番煎じになることは避けたいから、「家」のしまい方に焦点を当て、こうした企画のいわば“探り”のような記事となっている。

 登場するのは中尾彬、池波志乃の俳優夫婦。アトリエ、別荘、一軒家を整理して、タワーマンションに引っ越した、という話のどこが参考になるのか、ちょっと分からない。女優の高橋惠子も「郊外にある100坪もある豪邸を『家じまい』」しようとしたが、「売れなかったので」途中マンション暮らしを経て、戻って来て暮らしているという話。これも庶民が参考にできるものではない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。