«
»

共産票を頼った「野党政権」の下心見え見えの朝日の「失望の高い壁」

◆もし安保法なければ

 歴史にif(もし)はないとされるが、5年前に安倍晋三政権が野党や一部メディアの圧力に屈して安保関連法の成立を断念していれば、どうなっていただろうか。

産経28日付「安保法制5年」(29日で施行5年)の記事にこんな声が載っていた。

 高村正彦元自民党副総裁「日本の自衛艦が米空母を警護している絵が世界に発信される。これは大変な抑止力だ」

 政府高官「安保関連法がもしなかったら、トランプ前政権の時代は大変だっただろうとつくづく思う」

 北側一雄・公明党副代表「あのときやっておいて本当によかった」

 この5年、中国の「力の横暴」は目に余る。元来、沿岸警備隊だった海警局は「第2海軍」と化し、武器使用も許されて尖閣諸島周辺の領海侵入を繰り返している。だから、ifを考える。あの時、安保関連法ができていなかったら今ごろは、と。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。