«
»

大村知事リコール不正問題で有効署名の民意から焦点外す「クロ現」

◆運動員が不正を公表

 愛知県の大村秀章知事のリコール・解職請求に向けた署名の多くが偽造された疑いがあるとして、同県選挙管理委員会が同県警察本部に告発した問題について、18日放送のNHK「クローズアップ現代+(プラス)」が「“リコール不正署名問題”の深層」と題して扱っていた。

 「不正署名」の言葉を耳にするとき記憶に新しいのは、米大統領選挙で新型コロナウイルス対策のため大量に増えた郵便投票における「不正投票」をめぐる混迷だ。選挙もリコールも政治の戦いであり、不正疑惑があればどちらに有利不利もなく、民主主義システムが機能不全に陥る。

 県選管が審査したところ、署名43万5000人分のうち約36万2000人分が有効と認められないという。番組は「民主主義の根幹を揺るがす」と警鐘を鳴らし、不正な署名の実態を追っていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。