«
»

中国の野望に言及、国際社会にその独善的行動への対処呼び掛けた読売

◆非難応酬の米中会談

 アンカレジ(米国アラスカ州)で18、19日の両日行われた米中外交トップによる初の直接会談は冒頭から、同盟国との結束を背景に新疆ウイグルや香港での人権侵害や台湾をめぐる中国の行動などが世界の秩序を脅かしていると迫る米国と、それらを内政だと突っぱね強権を誇示する中国の主張とが激しい非難の応酬を繰り広げ、議論は平行線のまま終わった。一方で、利害が重なる気候変動などの分野で協力を模索する動きも見せたものの、両大国の対立はトランプ時代の経済から、政治体制や国家理念そのものの対決へと新たな様相を見せ始めている。

 この会談初日の米中それぞれ非難の応酬を読売(20日付3面)は、「米中『公開』舌戦」/「世界の懸念を代弁」、「中国式の民主主義」の見出しで報じた。2日間の会談後に日経(21日付第1面トップ)の見出しは「米中 ぶつかる国家観/経済から対立軸移る」/「世界の秩序脅かしている」、「中国には中国の民主主義」である。米国が世界の国々の中国への懸念をすくい取って伝えているのに対して、中国は<これが中国の民主主義だ(何の文句があるのか)>と居直り一点張りの構図。中国は共産主義国家、あるいは共産党一党独裁国家だと思うが、いつから呼び名を変えたのか、最近のメディアは「権威主義国家」と呼んでいる。それにしても中国式であれ何であれ、いつから中国は「民主主義」の国になったのか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。