«
»

国連科学委の福島原発事故の報告書を小さくしか扱わぬ愚鈍な各紙

◆健康被害認められず

 これはどう考えても新聞の1面トップものだ。そう伝えるべき内容がある。それが目立たない中面や短報。報じないのもあった。ああ、鈍なるかな、日本の新聞―。

 いささか大げさに聞こえるかもしれないが、そう嘆息せざるを得なかった。何のニュースかというと、国連科学委員会が3月9日に公表した福島第1原発事故に関する2020年版報告書のことだ。住民への影響について「放射線に関連した将来的な健康影響が認められる可能性は低い」と指摘し、甲状腺がんについても被曝(ひばく)が原因ではないとの見解を示した。

 科学委は欧米日など27カ国の科学者らで構成し、最新の知見を基に報告書を作成した。同委は1986年のチェルノブイリ原発事故では被曝の影響で子供の甲状腺がんが増えたと結論付けている。今回の報告書は、「フクシマはチェルノブイリとは違う」との明確なメッセージだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。