«
»

大阪本社版5万号特集で大阪・関西万博推進に宗旨替えした朝日

◆通し番号違う東京版

 朝日が3月2日付で5万号を数えた。「朝日新聞5万号のあゆみ」との特集が載っていたので初めて知った。5万とは大したものだ。

 それで2日付の他紙を見ると、毎日は52204号、読売は52148号とある。上には上がいる。いずれも創刊は明治初期。日本の近代化とともに新聞は歩んできたわけだ。戦後生まれの産経は28060号と浅い。もっとも福沢諭吉が興した時事新報の流れを汲(く)むので、こちらも引けを取らない。

 改めて朝日の5万の数字を味わおうと、同日付の題字上に目をやると、48392号とある。えっ、違うじゃないか、と思わず声が出た。特集をよく読むと、大阪で創刊した朝日は5万号で、東京本社版は4年後に5万号を迎えるそうだ。大阪と東京では通し番号が違っていた。これも初めて知った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。