«
»

沖縄「孔子廟」違憲判決、中国の「見えない手」に触れぬ平和ボケの各紙

◆政教分離のみに焦点

 「見えない手」。オーストラリアの作家、クライブ・ハミルトン氏は中国共産党のスパイ工作をそう呼んでいる。至る所に浸透しているのに人々は気づかない。いや、気づこうとしない。だから「見えない」のだ。

 沖縄でそれを象徴するのは先週、最高裁が違憲判決を下した那覇市の松山公園にある「孔子廟(びょう)」と言えば、違和感を抱かれるだろうか。このことに触れるメディアは皆無だった。むろん違憲判決は大きく報じられ、各紙は社説でも論じた。いずれも憲法の政教分離原則ばかりに焦点を当て、背後にある「見えない手」は全く書かなった。いや、見えていないから書けなかった。平和ボケは度が過ぎているように思う。

 最高裁が違憲判決を下した「久米至聖廟」は10年前に那覇市が社団法人久米崇聖会に設置を許可し、2013年に完成したものだ。市は「教養施設」として土地使用料も全額免除した。これには当時から疑問視され、訴訟が起こされた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。