ワシントン・タイムズ・ジャパン

株価3万円で「景気映さぬカネ余り相場」と皮相的分析に終始の毎日

◆GDPはマイナスに

 15日、東京株式市場の日経平均株価の終値が、バブル期以来、30年半ぶりに3万円の大台を超えた。

 同じ日に発表された2020年10~12月期の国内総生産(GDP)速報値は、実質で前期比3・0%増、年率では12・7%増。同時に20年のGDPは実質で前年比4・8%減と11年ぶりのマイナス成長となった。

 これらの大きな経済ニュースを社説で論評したのは、16日付で毎日、産経、日経、17日で読売、朝日、本紙。見出しを記すと次の通りである。

 毎日「コロナ下の株価3万円/景気映さぬカネ余り相場」、産経「GDPと株価/経済悪化の対応を万全に」、日経「30年ぶり株高の果実が家計に及ぶ流れを」、読売「株価3万円台/経済の実態を反映していない」、朝日「株価3万円台/ゆがみの蓄積に注意を」、本紙「国内景気/依然見通せない本格回復」――。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。