«
»

萩本欽一さんの“地方移住先駆け”の泣けるエピソードを載せた文春

◆神奈川県二宮に移住

 政府が進める東京一極集中を解消するための地方移住促進。そのPRに移住者の体験談に勝るものはないだろう。コメディアンの萩本欽一さんの連載「欽ちゃん79歳の人生どこまでやるの!?」の「第19回 息子たちが見ていたスミちゃんの背中」(週刊文春2月18日号)はそれ。長年連れそった奥さまの「澄子さん」が昨年亡くなった。その「スミちゃん」をしのんで、年明けに神奈川県二宮町にある長男の家に、萩本さんと3人の息子たちが集まって親子が行った懐旧談だ。

 「引っ越したのは次男が生まれてすぐの頃」というから、40年以上前。「東京の暮らしにうんざりしていたスミちゃんの希望は、『とにかく遠くの静かなところに行きたい』というもの」。最初は富士山に近い河口湖の森の中に物件を見に行ったが、あまりに静かな山の中で「町の明かりが見えないと怖い」というので、次に訪ねたのが神奈川県の二宮町。「海と町の灯りが遠くに見えたから、彼女もすぐに気に入ってくれ」て移った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。