ワシントン・タイムズ・ジャパン

的外れの非科学的な世論調査に禁じ手の巧妙な「罠」を仕掛ける朝日

◆アナウンス効果利用

 産経とFNN(フジニュースネットワーク)が世論調査を再開させた。昨年、データの不正入力問題で謝罪、休止に追い込まれた。不正防止策を徹底して約半年ぶりに始めたという(1月26日付)。

 その菅内閣の支持率を見ると52%。他紙の1月調査と比べるとかなり高い。朝日(25日付)と毎日(17日付)は33%なので20%も差がある。読売の39%(18日付)、共同通信の41%(10日配信)と比べても高い。う~ん、再開の「ご祝儀相場」?

 元来、産経の内閣支持率は高め、朝日は低めだ(自民党政権で)。調査の電話で「産経」と聞くだけでリベラル派は拒絶反応を示し、逆に「朝日」は保守派が断る。どうしても新聞の世論調査の回答は各紙のバイアスがかかっている。そう見るべきだろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。