«
»

緊急事態発生時に国民の命を守れぬ「平時の憲法」に固執する左派紙

◆対策を邪魔する野党

 「新型コロナウイルスの第3波をどう封じるか、正念場だ。コロナとの闘いは丸1年になる。昨年1月には野党と左派紙は「桜を見る会」「モリカケ」の追及にうつつを抜かし、2月には安倍晋三首相(当時)の全国一斉休校要請を「独断専行」と罵(ののし)り、3月には緊急事態宣言の法的根拠となる改正新型インフルエンザ対策特措法を「人権侵害」呼ばわりし、対策の足を引っ張った。

 12月には手のひらを返して緊急事態宣言の発令が遅いと、今度は菅義偉首相の「後手」に噛(か)み付いた。そして今月、政府が特措法の実効性を高めるため罰則の伴う措置を取れる改正案を国会に提出すると、またまた「人権」批判だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。