«
»

米国分断を投影した「プライムニュース」における古森・デーブ論争

◆演説と矛盾する弾劾

 「赤(共和党のシンボルカラー)と青(民主党のシンボルカラー)、地方と都市部、保守主義とリベラルが戦う、この野蛮な戦争を終わらせねばならない」――バイデン米大統領の就任演説の一節だ。

 今回の大統領選挙から就任式までの過程で、日本人が目の当たりにしたのは米国社会の分断の深刻さだ。「結束」を訴えた演説はそれを象徴するものだった。

 21日放送のBSフジ「プライムニュース」(「詳報!米大統領就任式 バイデン新政権の針路 その時、トランプは?」)で、米国分断の根底にあるものを浮き彫りにするような論争が繰り広げられ興味深かった。出演は古森義久氏(産経新聞ワシントン駐在客員特派員)、手嶋龍一氏(外交ジャーナリスト)、デーブ・スペクター氏(放送プロデューサー)。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。