«
»

新型コロナウイルスのワクチン接種、リスク判断を読者に投げたアエラ

◆「儲からぬ」重症患者

 日本は病床数が多く、半面、欧米に比べて感染者数は桁違いに少ない。なのに「医療崩壊」が叫ばれている。何が問題なのか。週刊現代(1月23日号)がズバリ切り込んだ。「医療崩壊のウソと現実」の記事である。

 結論から言えば、「儲(もう)からないから」だ。日本では8割が民間病院で、政府や知事は彼らに指示する権限はない。病床は「余っている」という。だが、新型コロナウイルス感染の重症者を受け入れれば、専門医は限られる中、人員は取られ、ベッドは占められる。設備も拡充し、しかも他施設と隔離しなければならない、等々で、「診療報酬」の入る他の患者受け入れより格段に“割が合わない”のだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。