ワシントン・タイムズ・ジャパン

電力需給逼迫で「課題浮き彫り」の再生エネにこだわり説得力欠く朝日

◆不可欠な原発再稼働

 厳しい寒さが続く中、暖房需要の増加により電力需給が逼迫(ひっぱく)している。火力発電の燃料となる液化天然ガス(LNG)の不足が直接の要因だが、背景には現状のエネルギー供給体制の問題がある。

 この問題でこれまでに社説で論評したのは産経、本紙、朝日の3紙。見出しは次の通りである。産経13日付「政府の節電要請が必要だ」、本紙17日付「大規模停電防止に尽力せよ」、朝日18日付「需給安定への教訓に」――。

 産経は、全国の大手電力会社で構成する電気事業連合会が利用者に効率的な電気使用を求めたのに対して、「無理のない範囲で企業や国民も節電に協力する必要があるが、政府がこれを正式に要請していないのは疑問である」と指摘して、「危機管理の姿勢が問われるのではないか」と見出しの通り訴えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。