«
»

新型コロナウイルス変異種出現で前向きな取り組み強調した女性自身

◆遺伝子追究は限定的

 年末年始にかけ、英国や南アフリカの型と異なる新型コロナウイルスの新たな変異種が日本でも検出された。これらは感染力が強い英国型と共通の変異があることまでは分かっているが、遺伝子配列の追究も限定的で、実際の感染力などは不明だ。各新聞やテレビ媒体の流す情報も、今のところ大体ここまで。

 週刊誌では、この強い感染力の情報を受けて、週刊文春は1月14日号「コロナ変異の恐怖 東大准教授が警鐘『日本でも別の変異が』」で、同大学の大橋順准教授(集団遺伝学)が「感染者が増えると基礎疾患を持つ人や高齢者の絶対数が増えるわけですから、重症患者や死亡者の数も増えることになる」と見込む。週刊現代1月9・16日号「コロナ変異種『日本上陸』全情報」も感染力の強さを強調しており、内容は文春とだいたい同じ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。