ワシントン・タイムズ・ジャパン

増える新型コロナ感染者と生活困窮者の解決を模索する「日曜討論」

◆有事となる医療現場

 年末を迎え、今年1年を振り返って最大の話題は新型コロナウイルス感染であり、感染者は寒さの中でまた増加の一途をたどっている。欧米でワクチン接種が始まり、明るさを取り戻すかに見えたが、今度は英国で感染力の強い新型コロナ変異種の感染拡大が確認され、既に世界各地で流行しているようだ。

 こうなるとテレビの報道番組は年末も新型コロナで占められ、来年もしばらく続くだろう。医療崩壊の危機が叫ばれ、社会的にも影響が大きいが、NHK「日曜討論」は6日、13日、20日と連続して新型コロナをテーマにする議論が続いた。

 20日放送では、新たな緊急事態宣言発令の可能性について日本感染症学会理事長の舘田一博氏は、入院患者が急増して医療崩壊が起きそうな状態になった場合には「緊急事態宣言を含めて声を上げていかなければならないと思う」と述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。