«
»

セウォル号事件に韓国の世代間衝突を予言するニューズウィーク誌

◆安全軽視した「大人」

 韓国の旅客船セウォル号沈没事故は韓国社会を大きく変える契機となるのだろうか。ニューズウィーク日本版(6月3日号)が特集「韓国を覆う自信喪失と自虐」で分析している。

 事故以降、「経済力世界10位圏内」「経済協力開発機構(OECD)会員国」と誇っていた「先進国」韓国は政治、マスコミ、国民がこぞって、安全や社会システム、官僚、企業体質において「第三世界」だったと自己批判し、“自虐”を繰り返し、悲嘆に暮れている。と同時に誰かに責任を転嫁し、悪玉探しと追及に狂奔してもいる。同誌は、こうした傾向が「韓国社会を大きく変える岐路となりそうだ」と見通す。

 韓国の発展を支えてきた「突進力」「性急さ」「情実、コネ」「規格・規則軽視」が悪く出たのが今回の事故だ。言い換えれば、「安全よりも経済発展を優先」してきた旧来の「大人たち」の価値観によって造られた韓国の社会システムが破綻し、それが表に出てきているのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。