ワシントン・タイムズ・ジャパン

来年度予算案に各紙社説は「膨張」「たが外れ」「野放図」など批判の連呼

◆コロナ禍で予算膨張

 22日付読売「借金頼みの財政膨張は危うい」、朝日「財政規律のたが外れた」、毎日「コロナに乗じた野放図さ」、産経「財政悪化の現実忘れるな」、日経「財政規律の緩みを隠せぬ来年度予算案」、東京「膨張し過ぎではないか」、23日付本紙「コロナ克服と経済に万全期せ」――。

 菅義偉政権が21日に閣議決定した来年度予算案に対する各紙社説の見出しである。本紙を除き、保守系紙も左派系紙も批判のオンパレードで、予算案に関する社説がこのように、そろって厳しく批判した例は、筆者の記憶にない。

 批判の元は見出しの通り、「予算の膨張」(読売)で、朝日は「たがが外れた」とまで言い切り辛辣(しんらつ)に批判した。

 来年度予算案は一般会計総額が106・6兆円で当初予算段階で9年連続の過去最大更新となったが、このうち5兆円はコロナ対策の予備費。この予備費を除けば、今年度当初から1兆円ほど減る。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。