ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

「わいせつ教師」が学習塾に流れることも阻止せよと訴える新潮

◆日本版DBS創設を

 週刊新潮12月17日号で「過去最多!『わいせつ教師』は二度と子どもに近づけるな」を特集している。12月2日、自民党の野田聖子幹事長代行らが、子供の性被害防止を求める要望書を上川法務大臣に手渡した。

 その中で、保育士や教員など子供と接する仕事に就く前に、性犯罪に関わったことがないか、チェックする仕組みを整備し、保育教育従事者が「無犯罪証明書」を取得できるように求めている。英国では既に前歴が速やかに開示される前歴開示及び前歴者就業制限機構(DBS)という機構が有効に機能しており、それに倣った「日本版DBS」である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。