«
»

ベトナムの「赤ひげ」に密着し日越の絆を証した「未来世紀ジパング」

◆無償で12年医療活動

 チャイナリスク回避のために日本企業が東南アジアに続々と進出するようになってから久しい。当初はリスクを分散させる「チャイナ・プラスワン」と言われたが、いまでは中国から引き揚げて、タイやベトナムなどに工場を移したり、メーン市場にしている企業も多くなっている。

 その中でも成長著しいベトナムには、いま1500社以上の日本企業が進出しているという。

 そのベトナムで、無償の医療活動を12年も続けている人がいる。眼科医の服部匡志(ただし)医師だ。

 服部医師は、月の半分をベトナムで過ごして医療活動を行い、もう半月は日本を飛び回るフリーの眼科医をしている。日本で得た報酬をもとに、ベトナムで無償の医療活動をしているというわけだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。