ワシントン・タイムズ・ジャパン

「世界に誇れる偉業」とたたえた「はやぶさ2」の意義と今後を問う各紙

◆優れた技術力の証し

 探査機「はやぶさ2」が、小惑星「りゅうぐう」の石や砂が入っているとみられるサンプルを無事に届けてくれた。6年の長きにわたるミッションを、大きなトラブルもなく見事に果たした。

 各紙もこれを称(たた)える社説を掲載した。社説見出しを挙げると次の通り。7日付読売「世界に誇る探査技術を磨け」、朝日「強みを生かし、着実に」、8日付産経「『挑戦』の大切さを学ぼう」、日経「応用範囲広いはやぶさの技術」、本紙「日本の宇宙探査の真骨頂示す」――。

 各紙とも「世界に誇れる偉業」「初代はやぶさに続く快挙」などとと称える言葉が並ぶ。特に読売は、金属弾を撃ち込んでつくったクレーター付近に2度目の着地をして「地中の試料を採った価値は高い」と絶賛。そして、そうした作業を成功させたことは「日本の優れた技術力の証しである」と強調した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。