«
»

ロシア製ワクチンのPRに終わったアエラの駐日露大使インタビュー

◆安全性の根拠不十分

 新型コロナウイルス禍で当初、専門家の間で、ワクチンの完成は最低3、4年かかるというのがもっぱらだったが、米国、英国、ロシア、中国などで既に実用段階を迎えているという。そんなに急いで、ワクチンの安全性は大丈夫なのか、大いに気になる。アエラ11月9日号で「ワクチン開発で先行するロシアの駐日大使にインタビュー 『駆け引きには使わない』」と題し、ガルージン駐日ロシア大使に話を聞いている。

 ロシアでは8月に世界に先駆けてワクチン「スプートニクⅤ」を、10月に二つ目の「エピワクコロナ」を当局が承認した。ロシア保健省傘下の国立ガマレヤ研究所が開発、この時、通常の手続きとは違い、多数の患者で有効性や安全性を確認する最終の臨床第3相が省略され承認された。文中、ガルージン大使は「第3段階の臨床試験が11月中に終わる見込み」と話している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。