«
»

学術会議問題で戦前の「言論弾圧」を持ち出すが戦争を煽ったのは朝日

◆国民世論は同調せず

 メディアは敗れたり―。米国の大統領選でバイデン圧勝の予測を外した米メディアの話ではない。日本の左派メディアのことだ。日本学術会議の会員任命拒否をめぐって「学問の自由を脅かす」と騒ぎ立てたが、国民はそれに同調しない。むしろ、こうした見方に否定的だ。

 毎日の世論調査(8日付)では、任命拒否を「問題だ」と答えた人は37%だったのに対して「問題だとは思わない」は44%。菅政権の学術会議の見直し検討には、「適切だ」が58%で、「適切ではない」の24%を圧倒している。任命拒否には納得できない点もあるが、学問の自由を侵害していない。むしろ学術会議の見直しこそ必要。毎日の世論調査からはそう読める。

 左派紙が大げさに持ち出したのは戦前の「言論弾圧」だ。朝日の編集委員は競うようにこう書いた。

・豊秀一氏「弾圧踏まえた『自律性守る原則』、侵害」(10月27日付「憲法を考える」)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。