«
»

「護憲ありき」の野党を後押しし日本の進路を危うくする左派メディア

◆提言まとめた枝野氏

 「与党、超党派でしっかり議論していくべきだ」。これは菅義偉首相の国会答弁と思われるかもしれないが、2010年1月の鳩山由紀夫首相の年頭記者会見のものだ。

 むろん当時の与党は民主党。前年、自民党から政権を奪取した総選挙で同党は「100年に1度の改革」を唱え、マニフェストには「現行憲法に足らざる点があれば補い、改める点があれば改めることを国民の皆さんに責任を持って提案していく」と約束した。05年秋の「憲法提言」を基に各地で「自由闊達(かったつ)な憲法論議」を進めるともしていた。提言をまとめたのは党憲法調査会長だった枝野幸男氏だ。

 だが、民主党政権が超党派で憲法論議を進めることはついぞなかった。同党のマニフェスト破りは多々あるが、これもその一つだ。十年一昔とはいえ、よもや枝野氏はお忘れではあるまい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。