«
»

事実を顧みず『真実編』を押し通した「美味しんぼ」をアエラが後押し

◆小学館は休載を決定

 東京電力福島第1原発事故の健康影響に関する描写が波紋を広げている週刊「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)連載の漫画「美味(おい)しんぼ」が、26日発売号から当面休載することになった。19日発売の最新号では編集長名で今後の方向性に関して「批判、お叱りは真摯に受け止め、表現のあり方についていま一度見直していく」としている。「美味(おい)しんぼ」休載までのてん末は、表現の自由について考えさせられる。

 アエラ5月26日号に「『美味しんぼ 福島の真実編』に大バッシング そこから見えた『真実』」と題した記事が載っている。

 「とにかく、どこをみても批判の大合唱である」の書き出しは、福島県が12日「風評被害を助長するものとして断固容認できず、極めて遺憾だ」というコメントを発表したことなどを指している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。