«
»

新聞週間の読売調査が改めて浮き彫りにした朝日と国民感覚のずれ

◆大局観培えと藤原氏

 今、新聞週間(15~21日)の最中だ。今年の代表標語は「危機のとき 確かな情報 頼れる新聞」。読売の全国調査によれば、新聞の報道を全体として「信頼できる」と答えた人は76%に上る(14日付)。情報はテレビやネットに溢(あふ)れているが、新聞への信頼は依然として高い。

 同調査では、新聞への期待(複数回答)は「情報を正確に伝える」71%、「事実をわかりやすく伝える」63%、「事実を公平、中立に伝える」57%が上位を占めており、読者は新聞に「確かな情報」を期待しているようだ。

 新聞週間に寄せて数学者の藤原正彦氏は、新聞で「大局観」を培えと論じておられる(読売、朝日14日付など=同時掲載)。新聞は情報の洪水の中で溺(おぼ)れている現代人に情報を正しく選択するお手伝いをする。新聞で身に付けた知識を読書によって教養にまで高めれば、そこから大局観が生まれてくる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。