«
»

コロナ時代にものづくりの強み発揮する企業を特集したエコノミスト

◆姿を消すコロナ特集

 世界的な感染拡大を続ける新型コロナウイルス。いまだにこれといった特効薬はできておらず、これから訪れる冬場に向けての感染拡大に不安を抱かせる。それでも、このところの経済誌を見れば新型コロナが日本上陸した当初の悲壮感は見られない。ちなみに、毎週のように新型コロナを扱った4、5、6月ごろの経済誌の特集には、「コロナ大恐慌~『塹壕戦』の長期化で未曽有の経済危機へ」(東洋経済4月25日号)「コロナ異常経済~未曽有の長期停滞時代に突入」(同誌5月23日号)「銀行VSコロナ倒産~融資先危険度ランキング」(ダイヤモンド6月13日号)「コロナデフレの恐怖~第2波はこれから」(エコノミスト6月16日号)といったおどろおどろしい見出しが並んだ。

 ところが、ここ1カ月ほどは新型コロナの特集はほとんど姿を消している。その一方で、企業業績の上昇を扱う特集が見えてきた。エコノミストの「コロナ時代の成長企業~コロナでも伸びる日本のものづくり」(9月8日号)がそれ。「世界はコロナ禍による経済活動の停滞という逆風にさらされているが、着実に売り上げと利益を上げ、成長が見込まれる日本のものづくり企業がある」として、その業種・企業を紹介している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。