«
»

自民総裁選告示、活発な外交・安全保障論議を求めた産経・読売など

◆具体的な政策提示を

 産経「日本の進路を示す論戦を」。読売「危機乗り越える戦略を論じよ」。日経「損得勘定ではなく政策で選ぶ総裁選に」。本紙「国家像鮮明にして覚悟示せ」。朝日「政権総括議論を深めよ」。毎日「安倍政治の総括が不十分」。

 持病の悪化で辞任する安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選が8日に告示された。新しい総裁は14日に投開票される国会議員票(394票)と都道府県連各3票の地方票(141票)を合わせた535票の獲得票数によって決まり、事実上の首相を選ぶ選挙ともなる。

 立候補した石破茂元幹事長、菅義偉官房長官、岸田文雄政調会長は早速、立会演説会や共同記者会見で政見を語り、各紙は昨日、一斉に社説や主張を掲げた。冒頭はその見出しである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。