«
»

「安楽死問題」について結論を出せないで、両論併記に終わった新潮

◆嘱託殺人の罪で逮捕

 全身の筋肉が動かなくなる神経難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)の女性が、薬物投与による「安楽死」を遂げ、医者2人が嘱託殺人罪で逮捕される事件が起こった。

 週刊新潮8月27日号の連載「医の中の蛙」で、医師の里見清一氏は「この医者二人には尋常でないところがあり、マスメディアはその『異常さ』を糾弾するのだが、本題の安楽死についてはまともに触れていない」とし、「『そんな医者』に頼ってまで死にたかったこの女性の希望は叶えられるべきなのか」と問うている。当然の疑問だろう。

 1991年に東海大学で末期がんの男性を死なせた事件の判決で、何らかの手段を用いて「死なせてしまう」積極的安楽死を許容する4要件が提示された。里見氏はそれに照らして今回の事件の被害者のケースを分析している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。