ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

戦後、教育勅語の廃止を執拗に要求したソ連に今なお追従する東京

◆国のため殉じた英雄

 戦後75年の夏が過ぎていく。振り返ってみると、「特攻」を扱わない新聞はなかった。先週紹介した読売の連載「戦後75年 終わらぬ夏」では児童文学作家の富安陽子さんの伯父が米空母エンタープライズに体当たりした特攻隊員だった(8日付)。改めて特攻の重みが伝わってくる。

 ジョン・F・ケネディ元米大統領の甥(おい)、マクスウェル・テイラー・ケネディ氏は『特攻 空母バンカーヒルと2人のカミカゼ』(ハート出版)で、バンカーヒルと同艦を大破させた特攻隊員をその生い立ちから丁寧に描く。特攻だけでなく空母でも艦を守るために多くの米兵が身を捧(ささ)げた。

 古来、他者のために殉(じゅん)じる人は英雄である。ウィンストン・チャーチルは古代ローマの詩「橋の上のホラティウス」を愛読した。圧倒的優位を誇る敵と直面したとき、勇気、自己犠牲がどれほどのことを成し遂げ得るかを讃(たた)える詩だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。