«
»

戦後75年、事実辿ることに比重置く読売と歴史修正主義の色濃い朝日

◆「語り継ぐ」意気示す

 「戦禍 次代へ語り継ぐ」。戦没者追悼式を伝える読売16日付の1面トップ見出しである。終戦75年、節目の年。コロナ対策の自粛が続く異例の「追悼の夏」となった。

 語り継ぐ。その読売の意気を感じさせたのが8月1日付から始めた「戦後75年 終わらぬ夏」と題するシリーズだ。「終戦から75年の時が経(た)った。戦争体験を聞くことが難しくなった今こそ、あらためて記憶を語り残してもらい、語り継がねばならない。『戦争を考える夏』はこれからも続く。終わることはない」と前文で言う。

 1日付は作曲家・古関裕而の長男、古関正裕さんで、「『露営の歌』にじむ哀感」。1面肩のインタビューは中面に続き、見開き2ページで「世相をたどる古関メロディー」と時代背景を描く。「エール」人気の時流に乗った感がしないでもなかったが、それは邪推。15日付まで掲載されたシリーズはいずれも1面から中面の見開き2ページへと続き、読ませた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。