«
»

野党幹部の体たらくぶりを浮き彫りにしたポストの「落選運動」特集

◆38人の議員を名指し

 「国民の間にかつてないほど政治へのフラストレーションが高まっている」。こう書き出すのが週刊ポスト(8月14・21日合併号)である。記事のタイトルは「『落選運動2020』を始めよう」だ。特に新型コロナウイルス感染症への取り組みを「支離滅裂」と断じ、「いったい、政治家は何をやっているのか」と“怒り”を露(あら)わにし、その「声」を具体化するのが「落選運動」だとしている。

 「落選運動」とは「公職選挙法の対象ではない。だから選挙期間外でも運動できるし、年齢制限もなく、選挙権がない18歳未満でも参加できる。ネット選挙の規制もかからないため、SNSやメールでも運動できます」と「上脇博之・神戸学院大学法科大学院教授」は同誌に語る。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。