«
»

米国務長官の歴史的演説を中国当局者に否定させる朝日の異様な紙面作り

◆対中政策を全面転換

 「ポンぺオ演説」。これは歴史的演説として後世に残るだろう。ポンぺオ米国務長官が「共産主義の中国と自由世界の未来」と題して行った対中政策演説のことだ。ニクソン時代(1970年代)からの米国の対中政策を全面転換させる内容だった。

 ポンぺオ氏は中国の習近平国家主席を「破綻した全体主義的イデオロギーの信奉者」だと名指しで批判し、「自由世界はこの新たな暴政に打ち勝たなくてはならない」と述べ、民主主義国が連携して中国の脅威に対抗するよう呼び掛けた(本紙25日付)。

 他紙の25日付では、産経は1面トップで、「歴代政権の対中政策は『失敗』 VS共産中国 米の決意」、読売は2、3面で「米、共産党体制に矛先 『自由か圧政か』呼びかけ」と報じ、国際面の演説要旨は130行以上に及んだ。毎日も1面で「『習氏は全体主義信奉』 歴代対中政策『失敗』」とし、2面の「焦点」でこう解説している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。