«
»

小池都知事の政界遊泳術の巧みさをあげつらうも中身の検証ない新潮

◆任期途中で鞍替えも

 これを「第2波」とは呼ばないのか。新型コロナウイルス感染が広がっている。その中心は東京から、もはや地方都市にまで広がり、特定の年齢層に限った話ではなくなった。観光などを促す「Go To キャンペーン」をめぐって政府、自治体、業界、これにメディアまでが加わって喧々囂々(けんけんごうごう)やり合っているが、どれが「解」なのかは分からない。

 そんな騒動をも自らの肥やしにしてしまう人物がいる。小池百合子東京都知事だ。週刊新潮(7月30日号)が「五輪諦念で『小池知事』妄想の『女性宰相』」の記事を載せた。「なにもせずとも、やっているように見せる天才が小池都知事である」と書き出し、「行動には一貫性のかけらもないが、状況に応じて自分を輝かせる手腕や瞬発力は並大抵ではない」とバッサリだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。