«
»

破産のレバノンに中国が食指、ヒズボラが復興の障害と米ネット誌

◆腐敗の温床ヒズボラ

 レバノンで政治的、軍事的に強い影響力を持つイラン系の民兵組織ヒズボラが6月、中国からのインフラ投資を歓迎することを表明したことが波紋を呼んでいる。米ニュースサイト「インターナショナル・ビジネス・タイムズ(IBT)」は、「中国はレバノン経済を救えるか」と中国の関与に疑念を呈した上で、「腐敗の温床」であるヒズボラの勢力をそぐことが、レバノンの復興の鍵だと指摘した。

 レバノンでは、昨年末から国民生活の困窮などから反政府デモが発生、3月には政府が約12億㌦の債務不履行を発表するなど経済的苦境に陥っている。

 国際通貨基金(IMF)と救済策をめぐる交渉が行われてきたが、打開策は見えていない。研究機関「中東調査会」によると、公的債務は900億㌦と推定され、46億㌦が今年中に返済期限を迎える。このままでは、国民生活がますます立ちいかなくなるのは目に見えている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。