«
»

米有人宇宙船打ち上げ成功に日本の長期構想明確化求めた産経、日経

◆9年の空白に終止符

 米国の宇宙企業スペースXが開発した有人宇宙船「クルードラゴン」が先月30日、打ち上げに成功した。国際宇宙ステーション(ISS)に向けて民間の有人宇宙船が打ち上げられたのは初めてである。

 コロナ禍の中、見事に成功させた今回の打ち上げについて、これまでに社説で論評したのは、産経と日経の2紙のみで寂しい限りである。

 2紙の社説見出しを記すと、産経3日付「米の有人宇宙船/『大きな志』を日本も示せ」、日経7日付「有人宇宙輸送で長期戦略を」である。

 産経が言う「大きな志」とは、フロリダ州のケネディ宇宙センターで打ち上げを見守ったトランプ大統領が「米国の大きな志の新たな時代が始まった」と宣言したことに引っ掛けた言葉である。

 具体的には宇宙開発――今回は特に有人宇宙開発で「日本は何を目指し、どう取り組むのか」ということで、産経はそれを明確にすべきであると訴えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。