«
»

コロナ禍で葬儀も行えない「異常さ」を伝えたBS1スペシャル

◆「死者の権利」認めず

 たまたま見た番組で、二つの重い問い掛けに遭遇した。一つは、NHKBS1のBS1スペシャル「コロナ新時代への提言~変容する人間・社会・倫理~」(23日放送)の中で、哲学者・國分功一郎が紹介したジョルジョ・アガンベン(イタリアの哲学者)の「死者の権利」を認めず「生存以外のいかなる価値も認めない社会というのは一体何なんだろうか」という問い掛けだ。

 新型コロナウイルスによる死者が3万人以上のイタリアと800人超の日本とでは事情が違うだろうが、感染して亡くなると、葬儀も行われずに埋葬される。また、親族でさえ遺体に会うことさえできない。そんな状況をアガンベンは「死者が葬儀の権利を持たない」と表現し、「死者に敬意を払わなくなったとき、社会はどうなってしまうのか」と疑問を呈したのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。