«
»

米サウジ関係悪化、中東で新たな軍拡競争かと警鐘を鳴らす香港紙

◆米大統領が最後通告

 米・サウジアラビア関係の悪化が伝えられている。サウジが原油の減産に応じず、価格が暴落したことが一因とみられ、米政治専門紙ザ・ヒルは、「トランプ氏はついにサウジを見限ったのか」と報じた。

 トランプ米大統領は4月初めに、サウジの実権を事実上握るムハンマド皇太子との電話会談で、原油増産をやめなければ、サウジからの米軍撤収もあり得ると「最後通告」を突き付けたことが先月末、報じられた。

 長年の同盟国であり、大口の武器売却先であるサウジへの強い圧力自体、異例のこと。一昨年のジャマル・カショギ氏殺害に皇太子の関与が指摘された際も、武器売却への影響を避けるために、あえて不問に付したトランプ氏だけに、原油価格下落による損失に怒りが収まらなかったということか。

 そして7日、米紙ウォールストリート・ジャーナルが、サウジからのパトリオットと戦闘機F15の撤収を報じた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。